2014年04月18日

寝る間も惜しんで読んだノンフィクション作品ベスト3

こんなベスト3、選べるのか、不安なのですが、

まっさきに思い出したのは……ということで、

 第3位 「ワイルドスワン (上・中・下)」




衝撃でした。
同じような衝撃を受けたものとして、
北朝鮮関係の本も、いくつかあげられるのですが、
代表で、この本をあげておこうと思います。

毛沢東、鄧小平、周恩来など、
名前しかよくわからなかった人たちのことが、
鮮やかに形づくられていきます。

それ以上に、強制収容所での暮らしが、あまりにも凄惨です。

 第2位 「私のなかのチェーホフ」



チェーホフばかりを読みあさっていた時に見つけました。
短編をすごい勢いで描き続けたチェーホフ。
医者であり、作家である彼は、女性にあまり興味をもたなかったとも言われていますが、
わずかに数人との浮いた話が残っています。
そのうちの一人が、この本を書いた、リディア・アヴィーロワ。
他の書籍によれば、「もっとも愛した女性は、リディア・アヴィーロワだった」
と書かれているものもありますが、
彼女の本を読んでいると、
深く愛されていると思い込んでいる女性を、滑稽で悲しみのある存在に思えてしまったりもします。

チェーホフのある側面を感じるには、いい本だと思います。


 第1位 「アンネの日記」




たぶん、これをあげる人は多いだろうなあと思いながら、選びました。

ヨーロッパで初めて訪れた町は、オランダ・アムステルダムでした。
旅行前に、読んでおいたほうがいい本として、この本しか思いつかず、
読みました。

泣きました。

イタリア語、ドイツ文化を勉強していたので、
ナチについて、いくつか書籍も読んでいましたが、
それでも、衝撃でした。

こんなに小さな女の子が、家族と身を隠しながらも、
夢いっぱいに生きていることが、悲しすぎます。

アンネの日記の一番悲しいのは、
あふれる夢かもしれません。

強制収容所でなくなってしまったアンネ。
戦争を無事乗り越えられたら、
いったいどんな女性に育っていたのだろう、
と思いをはせずにいられません。

東京で、「アンネの日記」を破損した事件がありましたが、
そういうことができる人って、どんな心の闇を抱えているのだろう。
この本を読んだことがないのかもしれない。
読んでいたら、絶対できないと思う。

語り継がれるべき書籍としても、上位ランクの1冊です。 ************




 
にほんブログ村 
  


GMOクラウドのレンタルサーバー
独自SSLが年間18,000円。レンタルサーバー『ヘテムル
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
ドメイン無料の大塚商会
FXの自動売買に最適の環境
100GB無制限レンタルサーバー【X2】
マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】
開運の護符作成 かなえや
登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」
wpXレンタルサーバー
【ロジテックの真面目なモバイルバッテリー】
ロリポプラン 詳細はこちら
精密審美歯科センター
人気のアロマディフューザーランキング
開発者のためのホスティングサービススケール
グーペ】デザインを4000パターンから選べるHP作成サービス
カラーミーショップは無料電話サポート付き

***


hachilabo at 17:06│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字