2016年06月

2016年06月30日

『月魚』三浦しをん

知人に紹介されて読みました。

 

月魚 (角川文庫)



三浦しをんさんといえば、
『舟を編む』で著名な方。

「三浦しをんさんなら、
この本が一番お勧め」

と勧められました。

遅々とした読み方になりましたが、
ようやく読了しました。

爽やかなボーイズラブ。

「罪」がそれほど重いものなのか、
それは古書の世界に身を置いたものでなければわかならいのかもしれない。

私には、
少し遠い世界で、
その世界だけの秩序でつくられた「罪」に惑わされている少年たちを、
少し滑稽に感じてしまったり。

そんなこともあって、
途中まで、なかなか読み進められませんでした。

しかし、「罪」とやらが解決した後には、
次の物語とともに、
爽やかな風だけが残り、
真夏に清涼飲料水を一気に飲み干したような清涼感がありました。

つまり、
二部は、
「若いっていいな★」
「あの頃にはもう戻れないんだな」

そんな感じです。

正直私は、
『舟を編む』のほうがだいぶ好き。

それでも、
三浦しをんさんの語彙力には
やはり驚かされて、
美しい言葉が散らばった物語は、
内容さえ自分の気にいれば、
もう少し言葉の水に浸っていたい気分になります。

この方、
知人いわく、
古書店でバイトをされていたのだとか。
就職がうまくいかなかったから、
作家になったのだとか。

知人の受け売りだけで書いていて、
調べていないので、
事実でなかったら、
ファンの方、申し訳ありません。


そう、
もうひとつ読み進められなかったのは、
物語序盤から出てくる古書店の描写。

どうしても、京極夏彦さんが描く、
「京極堂」(でしたっけ)が頭をよぎるのです。

着流しを着ている若き店主も、
京極さんのよう。

京極さんの描く京極堂と比べてしまうとどうしても・・・・・・・。


また、機会があれば、
古書とはまったく関係のない三浦さんの物語を読んでみたいと思います。


 






「伊豆・箱根の温泉」口コミランキング
「北陸の温泉」口コミランキング






にほんブログ村 

*travel*


等身大フィギュアに囲まれてセレブ体験! マダム・タッソー東京
レゴランド・ディスカバリー・センター東京


*goods*
ふとんクリーナーはレイコップ

*PC・blog*
写真がきれいに見えるホームページ プチ
[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!
Jugem Cart - 月額たった9ドルの海外販売用ネットショップ開業サービス
本当にほしかったのはこういうブログだったんだ
独自SSLが年間18,000円。レンタルサーバー『ヘテムル
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
ドメイン無料の大塚商会
FXの自動売買に最適の環境
100GB無制限レンタルサーバー【X2】
マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】
登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」
wpXレンタルサーバー
【ロジテックの真面目なモバイルバッテリー】
ロリポプラン 詳細はこちら
グーペ】デザインを4000パターンから選べるHP作成サービス
カラーミーショップは無料電話サポート付き



******



hachilabo at 13:25|PermalinkComments(0)